昭和のラビット、花を愛し山を歩く

アクセスカウンタ

zoom RSS 実がびっしり(シロミノウメモドキ?)

<<   作成日時 : 2006/12/03 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベニシタンを撮らせてもらったお宅の道端に、黄色というか白というか
実をびっしりつけた木がありました。秋から冬にかけての鳥達の餌に
なるのでしょうか?

画像


秋は収穫の秋といわれ、多くの木々は実を結びますね。
赤や黄色、白の実をつけて、その存在を鳥達にアピ−ルしてるのでしょうか?
鳥は鳥で、長年のうちに、食べられるもの、食べられないものが体に
刷り込まれているんでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実がびっしり(シロミノウメモドキ?) 昭和のラビット、花を愛し山を歩く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる